人間関係の軸となるラポール



NLP資格のセミナーではコミュニケーションの軸として、
ラポールについて教わります。


このサイトでもラポールについて以前にご紹介しましたが、
改めてラポールの話をさせて頂きます。


前回の話ではお伝えしきれていませんが、
NLP資格のセミナーで学ぶラポールは人間関係の軸になります。
人間関係ができているという状態を具体的にしていくと
イメージしやすいです。


どんな状態が人間関係がでできていると言えるのか?
ということですが、関係性ができている状態です。


では関係性とは何かということですが、
絆のある状態です。絆の深さはいろいろですが、
最低限度の絆のあるのが関係を築けていると考えられます。


では、絆とはどういう状態かということですが、
心の状態を紐解いていくとイメージしやすくなります。


例えば、相手があなたに対して心を開いている状態です。
そして心を開くには、根底にある感情が必要です。


ある感情とは、好感、安心感、親近感、共感、信頼感です。
これらの感情があって絆のある状態になります。
もちろん、最低限度の状態を話しています。


そこに、定期的な関わりや自己開示などの要素も必要です。


では、先ほどの好感、安心感、親近感、共感、信頼感を感じている
心の状態ですが、この状態がNLP資格のセミナーで学ぶラポールです。


もちろん、NLP資格のセミナーで学ぶラポールに段階があります。
最低限度のラポールの場合は少しだけ仲のいい関係くらいですので、
絆までは行きませんが、意識的、意図的にNLPのラポールを深めるための
行動をしていくことで、確実に信頼関係を深めていくことができます。


その時に人間関係が育まれています。
ですのでNLPで学ぶラポールを築いてから深めるということは、
人間関係の軸になります。



NLPを学ぶことで視野が広がった例



NLP資格のセミナーを学ぶことで、
視野が広がり、ビジネスに役立ったという例があります。


もちろん、そのような方は多いのですが、
具体的にはどういったことかをご紹介します。


まずは、NLP資格のセミナーでは、様々な角度からの
物の見方を教わることが出来るのと、ビジネスだけでなく
日常のあらゆる面に使える内容であることが喜ばれています。


ある経営者さんは、何かの意識決定をする際に、
必ず行うのが、「エコロジーチェック」です。
自然にやっている方は、やっているかもしれませんが、
経営者さんは、今までは意識的に考えたことのない視点だと
喜んで使っています。


例えば、NLPのエコロジーチェックとは次のように使います。
「ゴールを達成したら、周囲や環境はどのように変化しますか?」

このように、ゴールを達成した時に、達成とそこまでのプロセスの中で、
どのように、まわりの関わる人や環境、そしてあなた自身が変わるのかを
確認します。


それは、自分自身の意識決定や、
社員のアイデアや行動に対しても問いかけをすることで、
見えてくることがあるそうです。


他にも、NLP資格のセミナーで学ぶ物の見方には、
未来の自分やベストな状態の自分から物事を見る、
上手くいっている人、尊敬している人の視点から物事をみる
など、様々な物の見方があります。


皆さん、それらを活用しながら、なぜそのような考え方や
物の見方が大切なのかを理解していく中で、
日常やビジネスで、より有効に使っているようです。


その結果、人生やビジネスに役立っているのです。



未来の自分で考えて、思考を大きくする



あなたの思考を広げる方法


もしもあなたが何だかの理由で行き詰まっているとしたら、
何だかの理由で思考が小さくなっているとしたら?


それを改善する方法があります。
その方法は、NLP資格のセミナーで学ぶ「モデリング」です。

モデリングをすることで、あなったは思考を広げるだけでなく、
冷静に客観的に、あなたの人生の大きな流れにそって
物事を判断していくことができます。


ここが非常に大切です。

例えば、NLP資格のセミナーでモデリングを学んだ方は、
未来のなりたい自分にモデリングしました。

ここで大切なことの一つは、未来のあなりたい自分とは、
あなたが望んでいるゴールを手に入れているチオ言うことです。
そして、手に入れているあなたから見て、今の自分に
メッセージを投げかけます。


NLPのモデリングをしていきますと、この時に、
未来からの視点で、物事をみることができますので、
真剣に考え出します。

そして、既にんぽ損でいる未来のゴールを手にれているのが
前提にありますので、冷静に余裕を持って、今の問題や
悩みに向き合うことができます。

これが大切なことなことなのです。
その前提で、今の問題・課題・悩みに向きあった時に、
マネークリニック何を考え選択するのかが変わります。

ですので、NPP資格のセミナーで学ぶモデリングは、
本当に。有効なスキルなのです。


もしも、今まで以上に成果を出していきたいとお考えでしたら、
今の問題・課題・悩みを解消したいのであれば、未来のゴールに
相応しい選択が必要になるということです。



モデリングをやる際の考え方



この考え方をしているだけで、あなたの継続力が高ますかもしれません。


モデリングをする時、新しいことを学ぶ時、これからお話する
考え方は、あなたにとって大きな力になります。


なぜならば、それを知ることで、新しことを行う際に出てくる、
心理的なハードルを低くしていくことができるからです。




では、具体的な話を、NLPのモデリングを例にとってお伝えしていきます。
あなたがよりベストな状態を作り出すために、モデリングをするとします。


しかし、最初からうまくいく時もあれば、上手くいかないこともあります。
NLPのモデリングをすることのメリットは、うまくいかない時から
すでにあるのですが、それでも上手くいかない時は、ぎこちなさや
いらだちを感じることもあるかもしれません。



しかし、安心して下さい。
NLPのモデリングも、コミュニケーションスキルもそうですが、
新しいことを行う際は、いつものあなたにできていることが
できなくなることはあります。



例えば、NLPのコミュニケーションスキルを当たり前に
使うことのできていた人が、コミュニケーションのうまい人の
トーク術を学んだとします。


すると、最初は当たり前ですが、ぎこちないです。
そして、ぎこちない分、いつものコミュニケーション能力
を発揮することが出来ないということが起きます。



しかし、そこから得ることもありますし、それはあなたが
望んでいる腎性を送る上で必要なプロセスです。


NLPのモデリングなどを行う際は、その点を考慮して
取り組むだけで、モチベーションを維持しやすくなります。



モデリングの力を活用する



モデリングを有効に活用する


NLP資格のセミナーで学ぶモデリングについて学んで行きましょう。
大分以前にも、NLPのモデリングに関しては、ご紹介をさせて頂きました。


久しぶりに別角度からご紹介させて頂きます。


今回のテーマは、モデリングの力を活用するということです。
例えば、あなたが望んでいる成果に向かう際に、どうしたらいいのか
分からないことが出てきたとします。


そんな時どうしていますか?
このような時に使うことができるのが、NLPのモデリングです。
最初から、自分で調べて、失敗しながら前に進むのもいいですが、
NLPのモデリングを使うことで、別のアプローチをすることができます。


別のアプローチとは何か?についてですが、
もしも、既にあなたがほしい結果を出している人から、
うまくいく方法や上手くいかないやり方などを学ぶことが
できたとしたらいかがでしょうか?


とてもいいですよね。


NLPのモデリングとは、このように既に結果を出している人や、
卓越している人から学ぶことで、質の高い行動をとり、自分1人で
頑張る時と比べて、効率的で効果的に、結果を出せるようになります。


なぜならば、結果を出すためにはプロセスが大切になりますが、
NLP資格のセミナーで学ぶ、モデリングを使うことで、あなたが
望んでいる結果に向かうためのプロセスを変えていくことができるからです。


結果に相応しいプロセスを描き、行動することで、
望んでいる結果を得やすくなります。


うまくいっている人から学ぶことは、とても有意義なことです。



肯定的意図を別の形で満たす



肯定的意図について前回お話しました。


行動には理由があるということですが、そこには満たしたい何かが
存在しています。その何かの満たし方として、一般的に言われる言葉、
悪習慣や、悪感情などが出てきます。


無意識に出てきてしまいますので、とても困るのですが、
実は、そこには理由があったということです。ここで大切なこと
になりますが、満たし方は一つではないということです。


つまり、NLPでいう肯定的意図の満たし方は、
1つではないということです。


わかりやすい例としましては「不安」です。例えば、
言いようのない不安に襲われた時、人により対応の仕方が変わります。


例えば、
・浪費してしまう
・お酒に逃げる
・暴飲暴食してしまう
・暴力に走る

など様々です。


お伝えしたいのは、不安を解消して、安心感や心の安定を
求める時に、やり方は上記のようなものもありますし、
それ以外の建設的な方法を取ることも出来ます。


・本を読む
・誰かに早産する
・結果を出している方にアドバイスを貰う
・身体を動かす


など様々です。

お伝えしたいことは、その人にとっての課題である、
NLPでいう肯定的意図を明確にしたら、それを満たす
方法を模索するということです。


そして、ベストなやり方で満たしていきます。
NLPの肯定的意図とは、そのようなものです。


今では不必要になったり、足を引っ張っている習慣も、
実は、満たされない何かを満たすために存在していたのです。
このように、NLPの肯定的意図を理解するだけで、
人は自分とうまく付きあえるようになっていきます。



自分の過去に向きあう




ビジネスにNLP資格を活かす


NLP資格のセミナーで学ぶ、肯定的意図の視点で考えてみましょう。
肯定的意図とは、過去に何だの体験や経験の中で、自分自身を守るために、
無意識に作った肯定的意図な理由のことです。


仮に今、あなたが変えたい習慣があるとします。


・すぐにいらいらする
・人の話しをしっかりと聞くことができない
・お金の使い方がよくない
・人間関係はが得意でなく、人の目を気にしすぎる
・積極的になれない
・人に何かを頼む、任せることができない


など、たくさんありますが、
それらは、無意識のうちに過去に体験や経験の中で
作られたものが殆どです。


その時には、自分を守るために取り始めた行動なのです。
ベストな行動かどうかはわかりません。


その時のご自身にとって考えうるベストだったといった方が
適切な表現になるかもしれません。


NLPでいう肯定的意図とは、そのような変えたい行動や習慣の中には、
もともと、そうするだけの理由が存在していることを教えてくれています。


そして、NLPでいう肯定的意図が今の行動や目標達成に対して、
無意識にブレーキをかけているとしたら、この肯定的意図を明確にして、
感謝して、変容させることが必要になります。


その為に過去と向きあうことが必要になります。
何をお伝えしたいのかといいますと、過去と向き合い、
自分のブレーキとなってしまっている肯定的意図を
変容させることで、人生は変わり始めるということです。


NLPの肯定的意図に関するお話は次回にお伝え致します。



行動力を身につけるだけで自身が高まる




行動力が上がると自信が高まります。


今回は、行動力が高まるとどうして、自信が付くのか?
ということについて学んで行きましょう。


NLP資格のセミナーで学ぶ「はじめの一歩」に関しまして、
以前にお話ししましたが、一歩を踏み出せるようになったことで、
行動できる自分を知り、それが自信になった方がいらっしゃいます。



あるいは、NLPの前提「失敗はない、ただフィードバックがあるだけ」の
意味を知り、出来事や結果から学ぶことができること、今の出来事が
後々の人生を豊かにしてくれることを知りました。
それから行動することが恐くなくなった女性がいます。


そして、行動すれば前にすすめるのだという思考が身につきました。
それ自体が、大きな自信につながっています。



8フレームアウトカムというNLP資格のセミナーで学ぶ目標設定で、
やりたいことを明確にすることで、自分の軸ができた方は、
当然ですが、行動がかわりました、



本当にやりたいことが分かった時、自然に行動してしまうのだなと
自分でもびっくりされたようです。そして、行動できる自分を知り、
人生の自信となったそうです。


NLPを福岡で学んだ女性は、会社の経営をしています。
経営状態は順調だそうです。ただし、NLPを学び、
より高い視点で思考して、行動できるようになり、
ご自身の可能性をさらn見ることができて、
それが心の張りと自信になっているそうです。



お伝えしたいのは、行動できない原因を取り除く、
更に質の高い行動を取ることができるようになる。


ということが、皆さんの自信を育んでいくということです。
NLP資格のセミナーで学べることの一つでした。



行動することでセルフイメージを高める




ところで、はじめの一歩を踏み出していますか?


このサイトをご覧頂いている方なら、
既に、はじめの一歩を踏み出している方もういらっしゃれば、
これからという方もいらっしゃるかと思います。


今回は、NLP資格のセミナーで学ぶ「はじめの一歩」や
行動が持つ意味の別の側面について見て行きましょう。


とても大切な側面があります。


実は、行動することで、
NLPでいうセルフイメージが高まります。


いかがですか?
素敵だと思いませんか?


もしくは、高丸の他には、NLPせいうセルフイメージを
新しく書き換えて、自分のものにしたいとします。


その時にも使えます。



つまり、行動はNLPでいうセルフイメージUPや改善、定着に
とても有効に使うことができます。


ほんの少しの意識は必要になります。



では、どうしうことか一緒に見て行きましょう。


行動すると何が起きているのか?
ということなのですが、行動することで、
それが証拠になります。


「自分は、必要ならすぐに行動できる人間だ」


と思っている人は、必要と思った瞬間に行動するたびに、
自分のセルフイメージを強化しています。


つまり、NLPでいうセルフイメージにあった行動をすることで、
それが証拠となって、よりセルフイメージが強化されていきます。


それは、NLPのセルフイメージを書き換えるときもそうです。
新しいセルフイメージを自分に定置着させるためには、
行動を意識的に繰り返して、証拠を積み重ねていきます。


このように、はじめの一歩や日々の行動には、
私たちのセルフイメージを高めたり、強化したり、定着させる
力が宿っているのです。


NLPのセルフイメージと行動の話でした。
感じるものがあれば、まずは行動を意識的に
積み重ねてみることは、有意義な意味のある行動になります。



目標と行動を一致させる




行動力に自信はありますか?


自信がなくても行動すれば問題ありません。
行動できなくても、行動を小さくして、
心理的なハードルを下げれば何とかなりやすいです。


そんな話をしたのには意味があります。


メタアウトカムやフューチャーペーシングという
NLP資格のセミナーで学ぶテクニックをご紹介してきました。


では、今度は自分が設定した目標と
その中に描かれている自分の目標設定に
関する物語を実行に移していきましょう。


つまり、NLP資格のセミナーで描いた
アウトカムを手に入れる為に設定した行動を
現実に取ることが大切です。


このはじめの一歩がNLPでも大切にされています。


例えば、NLPを大阪で学んだ、女性の経営者さんが
いらっしゃいます。彼女は自分の会社の成長と共に
取るべきアクションが多様化してきました。


中には、難しいことやはじめてのこと、
大きなことが会って精神的に苦しいと話していました。


そんなNLPを大坂で学んだか彼女ですが、
NLP資格のセミナーで「はじめに一歩」を
学んでから、大分、精神的にも楽になったそうです。


どうしてだと思いますか?


それは次のような質問をするからです。


「今からできるはじめの一歩は何ですか?」


この質問は、一気に大きなアクションを
取るのではなく、目標にフォーカスしながらも、
今の自分が出来る一歩を設定するので、
心理的なハードルが低くなっています。


ですから、今の自分にとって、行動に移しやすく、
結果に近づける一歩を踏み出すことが出来るのです。


皆さんにとっての、
「今から出来るはじめの一歩は何ですか?」